利息の計算方法
キャッシングローンの利息は、今現お付き合いしている残高に対して付きます。

100万の融資受けたら100万円に対して利息がつきます。
元金が50万まで減れば50万に対しての利息と言う事になります。

利息の計算方法は、実際に利用した次の日又は返済をした日から付いていき、次回返済もしくは融資を受けた日までが利息となります。

下記の計算式を参考にしてみて下さい。

残高 × 利率×利用日数 ÷ 365 = 利息

融資金額100万・10日後に返済・利息29.2%として計算すると、

1,000,000 × 10 × 0.292 ÷ 365 = 8,000円

上記ように、今現在の残高と実際に利用した日数によって利息が付いて行きますので、残高が減っていけばそれだけ利息も少なくなります。

年率を見て、「29.20%の年利だと一年間で100万に対し29万の利息が付く」と思われる人がいますが、実際には残高が毎月減っていきますので、掛かる利息は少なくなっていきます。

最初の入金で残高が50万になったとすると、次の支払日に掛かる利息は50万に対しての利息と言う事になりますので、上記の式の金額を50万に変更して出した数字が、50万の利息となります。

各キャッシングローン会社によって、月々の支払い金額は様々です。
ご自身にあった、キャッシングローン会社を探しましょう。